トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 い 幾代餅

金原亭馬生(十代目)  幾代餅

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 幾代餅(いくよもち) ●え~、ま、我々のほうで、よくお遊びの噺を申し上げます。ん~、遊びというと、これは日本ばかりではございません、世界各国どこでも同じで、飲む、打つ、買うという、三つに絞られますね。…

詳細を見る

古今亭志ん生 (五代目)  幾代餅

志ん生

↑クリックすると購入できます! 幾代餅(いくよもち) ●職人の清蔵が錦絵の花魁を見て、一目惚れします。花魁の名は、幾代太夫。清蔵は、恋わずらいになり食事も喉を通らなくなります。心配した親方や女将さんが説得して金を貯めれば幾代太夫も会…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 幾代餅

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 幾代餅(いくよもち) ● 奉公人の清蔵が、吉原のナンバーワン女郎・幾代太夫の錦絵を一目見て恋に落ちた。しかし相手は奉公人風情にはとても手を出せない高嶺の花。まじめな清蔵は恋患いで寝込んでしまう。見かね…

詳細を見る

柳家さん喬  幾代餅

さんきょう

幾代餅(いくよもち) ●職人の清蔵が錦絵の花魁を見て、一目惚れします。花魁の名は、幾代太夫。清蔵は、恋わずらいになり食事も喉を通らなくなります。心配した親方や女将さんが説得して金を貯めれば幾代太夫も会ってくれるはずだといって1年間清蔵は一…

詳細を見る

古今亭志ん輔 幾代餅

幾代餅(いくよもち) ● 最高級の花魁、幾代太夫の姿を錦絵で見た清蔵は、恋煩いで飯も喉を通らない。心配した親方が、一年間真面目に働いたら太夫に会わせてやると約束した。 これを信じて清蔵は必死に働いて一年が過ぎた。一年分の給金を一晩で使う…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon