トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 う うどん屋

金原亭馬生(十代目)  うどん屋

ばしょう

↑クリックすると購入できます! うどん屋(うどんや) ●酔っ払いが鼻歌に合わせて、うどん屋の屋台を揺らして倒れそうになった。 「うどん屋、悪かった、勘弁してくれ」「いいですよ」「勘弁してくれって頼んでいるのに勘弁出来ねぇってのか」…

詳細を見る

柳家小さん(五代目)  うどん屋

こさん

↑クリックすると購入できます! うどん屋(うどんや) ● 名人柳家小さん師匠の十八番「うどん屋」です。 枕は、くずや、そば屋の小声で呼ばれたほうが儲けが多いときがあるという振りで、うどんなんか風邪でも引かないと江戸っ子は食べなかった…

詳細を見る

柳家小三治 (十代目)  うどん屋

こさんじ

↑クリックすると購入できます! うどん屋(うどんや) ●酔っ払いが鼻歌に合わせて、うどん屋の屋台を揺らして倒れそうになった。 「うどん屋、悪かった、勘弁してくれ」「いいですよ」「勘弁してくれって頼んでいるのに勘弁出来ねぇってのか」…

詳細を見る

柳家喬太郎  うどん屋

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! ※「うどん屋」は収録されていません。 うどん屋(うどんや) ●酔っ払いが鼻歌に合わせて、うどん屋の屋台を揺らして倒れそうになった。 「うどん屋、悪かった、勘弁してくれ」「いいですよ」「勘弁してくれ…

詳細を見る

桂吉朝  かぜうどん

きっちょう

かぜうどん(かぜうどん) ●大変寒い夜、うどん屋が商売をしていると、通りを酔っぱらいが歌いながらいい調子でやってくる。相手にしまいと思うが、向こうから声をかけてくる。お湯をくれという。帰り道、どぶ泥で着物が汚れたので洗いたいという。商売…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon