トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 う 鰻の幇間

古今亭志ん生 (五代目)  鰻の幇間

志ん生

↑クリックすると購入できます! 鰻の幇間(うなぎのたいこ) ●幇間の一八が通りで出会った浴衣姿の旦那が誰だか思い出せないが、昼飯でも御馳走になろうと企んで、よいしょを始めた。  旦那が言うには、湯屋に行く途中だから長居はできないの…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 鰻の幇間

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 鰻の幇間(うなぎのたいこ) ●野だいこの一八が名前も住まいも知らない男に食い下がってとうとう鰻をごちそうになる。鰻屋の二階で一八はさんざんお世辞をいっていたがそのうちに男は便所に行くといって部屋を出た…

詳細を見る

桂文楽 (八代目) 鰻の幇間

ぶんらく

鰻の幇間(うなぎのたいこ) ●幇間の一八が通りで出会った浴衣姿の旦那が誰だか思い出せないが、昼飯でも御馳走になろうと企んで、よいしょを始めた。 旦那が言うには、湯屋に行く途中だから長居はできないので近くの鰻屋に行こう。自慢の下駄を脱い…

詳細を見る

柳家権太楼  鰻の幇間

ごんたろう

鰻の幇間(うなぎのたいこ) ●幇間の一八が通りで出会った浴衣姿の旦那が誰だか思い出せないが、昼飯でも御馳走になろうと企んで、よいしょを始めた。 旦那が言うには、湯屋に行く途中だから長居はできないので近くの鰻屋に行こう。自慢の下駄を脱いで二…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon