トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 か 火事息子

古今亭志ん生 (五代目)  火事息子

志ん生

↑クリックすると購入できます! 火事息子(かじむすこ) ●神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の元へ頼みにいくが、ヤクザな家業には向かないと断られ、どこも引き受けてくれない。仕方なく火消し屋敷に入り、…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)   火事息子

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 火事息子(かじむすこ) ●神田三河町の質屋の近くで火事が出た。火はは下火だが、蔵の目塗りをしていない。職業柄、人の物を預かる蔵の目塗りをしないわけにはいけないので、番頭に言いつける。梯子をかけて、番頭…

詳細を見る

桂三木助(三代目)  火事息子

みきすけ

火事息子(かじむすこ) ●神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の元へ頼みにいくが、ヤクザな家業には向かないと断られ、どこも引き受けてくれない。仕方なく火消し屋敷に入り、手首の先まで入れ墨をして、当然家は…

詳細を見る

三遊亭圓生(六代目) 火事息子

えんしょう

火事息子(かじむすこ) ●神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の元へ頼みにいくが、ヤクザな家業には向かないと断られ、どこも引き受けてくれない。仕方なく火消し屋敷に入り、手首の先まで入れ墨をして、当然家は勘…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon