トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 ご 五人廻し

古今亭志ん生 (五代目)  五人廻し

志ん生

↑クリックすると購入できます! 五人廻し(ごにんまわし) ●舞台は夜ふけの遊廓・吉原。売れっ子の花魁、喜瀬川は五人のお客をとったが、一人のお客の部屋に居たっきりで、ほかの部屋を廻らないので、振られた男たちは不満たらたら。可哀想なのは…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 五人廻し

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 五人廻し(ごにんまわし) ●関東の遊郭には「廻し」という制度がある。一人の遊女が一度に複数の客の相手をするのであるが、遊女の嫌な客になると長時間待たされたり、ひどいのにはちょっとしか顔を見せない「三日…

詳細を見る

三遊亭圓生 (六代目)  五人廻し

えんしょう

五人廻し(ごにんまわし) ●関東の遊郭には「廻し」という制度がある。一人の遊女が一度に複数の客の相手をするのであるが、遊女の嫌な客になると長時間待たされたり、ひどいのにはちょっとしか顔を見せない「三日月振り」とか、全く顔を見せない「空床…

詳細を見る

林家彦六  五人廻し

五人廻し(ごにんまわし) ●「五人廻し」(ごにんまわし):昔の遊郭には、一人の花魁が何人もの客を取り、順番にまわるしくみがあり、これを「廻し」といった。また夜が更けた後に、お客の部屋を見回る役目の若い衆を牛太郎という。この夜も、とある花魁…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon