トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 さ 佐々木政談

古今亭志ん朝(三代目) 佐々木政談

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 佐々木政談(ささきせいだん) ●嘉永年間のこと。 名奉行で知られた南町奉行・佐々木信濃守が、非番なので下々の様子を見ようと、田舎侍に身をやつして市中見回りをしていると、新橋の竹川町で子供らがお白州ご…

詳細を見る

桃月庵白酒  佐々木政談

はくしゅ

(このCDには「佐々木政談」は収録されていません) 佐々木政談(ささきせいだん) ●嘉永年間のこと。 名奉行で知られた南町奉行・佐々木信濃守が、非番なので下々の様子を見ようと、田舎侍に身をやつして市中見回りをしていると、新橋の竹川町で子…

詳細を見る

三遊亭圓生(六代目) 佐々木政談

えんしょう

佐々木政談(ささきせいだん) ●嘉永年間に南の町奉行へ、佐々木信濃守と言う方が職につきましたが、調べのお上手な誠に活発な方で、賄賂、これはどうも甚だ良ろしくない風習であるから、こういう事は、絶対に止めさせたいがどうも、正面を切って賄賂(…

詳細を見る

三遊亭金馬(三代目) 池田大助

きんば

池田大助(いけだだいすけ) ●金馬師匠の構成を前提にすると、大岡越前守が、田舎侍に扮して、護衛を一人つけて、江戸市中を見回って歩いていた。すると、二人の子供が縄で縛られ、周りを多くの子供が取り囲んで広場まで行く。そこは、「お白洲」で、奉…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon