トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 し 心眼

桂文楽 (八代目)  心眼

ぶんらく

心眼(しんがん) ●横浜から顔色を変えて”梅喜(ばいき)”が歩いて帰ってきた。聞くと弟に「穀潰しのドメクラ」と何回も言われたという。それが悔しくて翌日自宅の馬道から茅場町の薬師様へ「どうか、目が明きます様に」と、願掛けに通った。女房”お…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon