トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 つ 鶴亀

古今亭志ん生 (五代目)  鶴亀

志ん生

↑クリックすると購入できます! 鶴亀(つるかめ) ●富(とみ)が流行った当時の噺です。富にすられて、八五郎は文無しになって家に帰ってきた。今度は当たるからと女房の着ている半纏をせびった。今度は鶴が俺の肩に留まった夢を見た。俺は八五郎…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon