トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 て 天満の白狗

桂文枝(六代)  天満の白狗

ぶんし

天満の白狗(てんまのしろいぬ) ●その昔、犬は人間に近い存在だと考えられていた時代がありました。特に白犬は、生まれ変わったら人間になると信じられていました。 その白犬が、生まれ変わってからではなく、どうせなら今すぐ人間になりたいと思い立ち…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon