トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 と 富久

柳家小さん(五代目)  富久

こさん

↑クリックすると購入できます! 富久(とみきゅう) ●久蔵は腕の良い幇間だが、酒癖が悪くて贔屓をみんなしくじって、日本橋の竈河岸で一人暮らし。訪ねて来た吉兵衛から売れ残った最後の千両富買って、大事な富籤だからと大神宮様のお宮の中に隠…

詳細を見る

古今亭志ん生 (五代目)  富久

志ん生

↑クリックすると購入できます! 富久(とみきゅう) ●久蔵は腕の良い幇間だが、酒癖が悪くて贔屓をみんなしくじって、日本橋の竈河岸で一人暮らし。訪ねて来た吉兵衛から売れ残った最後の千両富買って、大事な富籤だからと大神宮様のお宮の中に隠…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  富久

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 富久(とみきゅう) ●久蔵は腕の良い幇間だが、酒癖が悪くて贔屓をみんなしくじって、日本橋の竈河岸で一人暮らし。訪ねて来た吉兵衛から売れ残った最後の千両富買って、大事な富籤だからと大神宮様のお宮の中に隠…

詳細を見る

桂文楽 (八代目) 富久

ぶんらく

富久(とみきゅう) ●浅草阿倍川町に住む、酒癖が悪くて贔屓(ひいき)のお客さんをことごとくしくじって、年の瀬を迎えた幇間の久蔵は、たまたま買った富札「松の百十番」、大神宮のお宮にお札を納めて、千両当たったら、ああする、こうすると、考え…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon