トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 と 豊竹屋

三遊亭圓生 (六代目)  豊竹屋

えんしょう

豊竹屋(とよたけや) ●謡いが入る音曲話である。 音曲にもいろいろあるが、清元、常磐津、長唄、小唄と、どれも長続きせず少しずつ学ぶのを芸を齧ると言って師匠から嫌われる。 豊竹屋節右衛門は義太夫一筋の男。見るもの聞くものを義太夫で語る。風…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon