トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 に 二番煎じ

金原亭馬生(十代目)  二番煎じ

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 二番煎じ(にばんせんじ) ●「火事は江戸の華」といわれた時代。寒さ厳しい冬のある晩、番太だけでは心もとないと、町内の旦那衆が夜回りをすることになった。番屋に集まった旦那衆は二組に分かれて夜回りに出る。…

詳細を見る

春風亭昇太  二番煎じ

しょうた

↑クリックすると購入できます! ※「二番煎じ」は収録されていません。 二番煎じ(にばんせんじ) ●「火事は江戸の華」といわれた時代。寒さ厳しい冬のある晩、番太だけでは心もとないと、町内の旦那衆が夜回りをすることになった。番屋に集ま…

詳細を見る

立川談志  二番煎じ

談志

↑クリックすると購入できます! 二番煎じ(にばんせんじ) ●「火事は江戸の華」といわれた時代。寒さ厳しい冬のある晩、番太だけでは心もとないと、町内の旦那衆が夜回りをすることになった。番屋に集まった旦那衆は二組に分かれて夜回りに出る。…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 二番煎じ

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 二番煎じ(にばんせんじ) ●冬になると火事が多い江戸のこと、夜回りをしようということになり、旦那衆が一回りして番小屋に戻った。一人が、寒くなったら身体を暖めようと酒を持って来たというと、別の者が、猪肉…

詳細を見る

桂南光(三代目)  二番煎じ

二番煎じ(にばんせんじ) ●「火事は江戸の華」といわれた時代。寒さ厳しい冬のある晩、番太だけでは心もとないと、町内の旦那衆が夜回りをすることになった。番屋に集まった旦那衆は二組に分かれて夜回りに出る。 しかし余りの寒さに、懐で拍子木を…

詳細を見る

瀧川鯉昇  二番煎じ

瀧川鯉昇4 二番煎じ(にばんせんじ) ●「火事は江戸の華」といわれた時代。寒さ厳しい冬のある晩、番太だけでは心もとないと、町内の旦那衆が夜回りをすることになった。番屋に集まった旦那衆は二組に分かれて夜回りに出る。 しかし余りの寒さに、懐…

詳細を見る

柳家権太楼  二番煎じ

ごんたろう

二番煎じ(にばんせんじ) ●「火事は江戸の華」といわれた時代。寒さ厳しい冬のある晩、番太だけでは心もとないと、町内の旦那衆が夜回りをすることになった。番屋に集まった旦那衆は二組に分かれて夜回りに出る。 しかし余りの寒さに、懐で拍子木を打つ…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon