トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 の 野ざらし

柳家小三治 (十代目)  野ざらし

こさんじ

↑クリックすると購入できます! 野ざらし(のざらし) ●昨夜、八つぁんが、長屋の隣室で人の声がするから壁に穴を開けて覗いて見れば、十六八の若い娘がご隠居の足を摩っている。一体あれはどういう訳だ。見られたなら話そう。 向島の土手下で…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  野晒し

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 野晒し(のざらし) ●昨夜、八つぁんが、長屋の隣室で人の声がするから壁に穴を開けて覗いて見れば、十六八の若い娘がご隠居の足を摩っている。一体あれはどういう訳だ。見られたなら話そう。 向島の土手下で…

詳細を見る

立川談志 野晒し

談志

↑クリックすると購入できます! 野晒し(のざらし) ●昨夜、八つぁんが、長屋の隣室で人の声がするから壁に穴を開けて覗いて見れば、十六八の若い娘がご隠居の足を摩っている。一体あれはどういう訳だ。見られたなら話そう。 向島の土手下で釣…

詳細を見る

立川志らく  野ざらし

しらく

野ざらし(のざらし) ●昨夜、八つぁんが、長屋の隣室で人の声がするから壁に穴を開けて覗いて見れば、十六八の若い娘がご隠居の足を摩っている。一体あれはどういう訳だ。見られたなら話そう。 向島の土手下で釣りをして帰ろうとすると、葦の薮から鳥が…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon