トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 ひ 百年目

金原亭馬生(十代目)  百年目

ばしょう

↑クリックすると購入できます! ※「百年目」は収録されていません。 百年目 (ひゃくねんめ) ●お店の大番頭は奉公人の定吉と二番番頭に小言を言って出かけていった。外へ出ると、幇間の一八が近寄ってくるが、知らないふりをして帰らせた後…

詳細を見る

古今亭志ん生 (五代目)  百年目

志ん生

↑クリックすると購入できます! 百年目 (ひゃくねんめ) ●四六時中使用人に小言を言い続ける堅い人で通っている大番頭が、花見の季節に店を出て、予て用意しておいた着物に着替え、芸者衆と一緒に屋形船に乗り込んだ。正体がばれないようにと船…

詳細を見る

立川志の輔  百年目

志の輔

↑クリックすると購入できます! 百年目 (ひゃくねんめ) ●お店の大番頭は奉公人の定吉と二番番頭に小言を言って出かけていった。外へ出ると、幇間の一八が近寄ってくるが、知らないふりをして帰らせた後、路地の駄菓子屋へ入り、衣服を着替えて…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 百年目

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 百年目 (ひゃくねんめ) ●四六時中使用人に小言を言い続ける堅い人で通っている大番頭が、花見の季節に店を出て、予て用意しておいた着物に着替え、芸者衆と一緒に屋形船に乗り込んだ。正体がばれないようにと…

詳細を見る

桂米朝(三代目)  百年目

べいちょう

百年目 (ひゃくねんめ) ●お店の大番頭は奉公人の定吉と二番番頭に小言を言って出かけていった。外へ出ると、幇間の一八が近寄ってくるが、知らないふりをして帰らせた後、路地の駄菓子屋へ入り、衣服を着替えて柳橋へ行く。屋形船が用意してあり芸者…

詳細を見る

三遊亭圓生(六代目)  百年目

えんしょう

百年目 (ひゃくねんめ) ●船場のさる大店(おおだな)の番頭さんは、あれこれ口やかましく奉公人を叱っている。主人の信頼も厚いこのやり手の番頭さんも、実は根っからの遊び人だったりするわけで・・ 奉公人には口やかましく、加えて遊びの「あ」の…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon