トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 ふ 船徳

金原亭馬生(十代目)  船徳

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 船徳(ふなとく) ●訳あって親元を勘当され、大川端にある船宿の居候となっている若旦那の徳兵衛だが、毎日が退屈なのと世話になっている船宿の親方の手前もあり、船頭にしてほしいと頼み込む。始め渋っていた親方…

詳細を見る

柳家小さん(五代目)  船徳

こさん

↑クリックすると購入できます! 船徳(ふなとく) ●訳あって親元を勘当され、大川端にある船宿の居候となっている若旦那の徳兵衛だが、毎日が退屈なのと世話になっている船宿の親方の手前もあり、船頭にしてほしいと頼み込む。始め渋っていた親方…

詳細を見る

柳家小三治 (十代目)  船徳

こさんじ

↑クリックすると購入できます! 船徳(ふなとく) ●訳あって親元を勘当され、大川端にある船宿の居候となっている若旦那の徳兵衛だが、毎日が退屈なのと世話になっている船宿の親方の手前もあり、船頭にしてほしいと頼み込む。始め渋っていた親方…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 船徳

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 船徳(ふなとく) ●女遊びに夢中になり親族会議で勘当され、女の元にしけこんだ若旦那の徳さん。 金が無くなり、追い出されてフラフラ歩いている所を船宿の親方が引き取った。 しばらく居候を決め込んでいた…

詳細を見る

桂文楽 (八代目) 船徳

ぶんらく

船徳(ふなとく) ●訳あって親元を勘当され、大川端にある船宿の居候となっている若旦那の徳兵衛だが、毎日が退屈なのと世話になっている船宿の親方の手前もあり、船頭にしてほしいと頼み込む。始め渋っていた親方だが、船頭たちも賛成してくれたので…

詳細を見る

林家たい平  船徳

たいへい

船徳(ふなとく) ●訳あって親元を勘当され、大川端にある船宿の居候となっている若旦那の徳兵衛だが、毎日が退屈なのと世話になっている船宿の親方の手前もあり、船頭にしてほしいと頼み込む。始め渋っていた親方だが、船頭たちも賛成してくれたので承…

詳細を見る

古今亭菊之丞  船徳

きくのじょう

船徳(ふなとく) ●訳あって親元を勘当され、大川端にある船宿の居候となっている若旦那の徳兵衛だが、毎日が退屈なのと世話になっている船宿の親方の手前もあり、船頭にしてほしいと頼み込む。始め渋っていた親方だが、船頭たちも賛成してくれたので承知…

詳細を見る

瀧川鯉昇  船徳

船徳(ふなとく) ●訳あって親元を勘当され、大川端にある船宿の居候となっている若旦那の徳兵衛だが、毎日が退屈なのと世話になっている船宿の親方の手前もあり、船頭にしてほしいと頼み込む。始め渋っていた親方だが、船頭たちも賛成してくれたので承知…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon