トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 ぶ 文七元結

金原亭馬生(十代目)  文七元結

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 文七元結(ぶんしちもっとい) ●本所達磨横町の左官の長兵衛は腕はいいが、博打にこり家は貧乏だ。娘のお久が吉原の佐野槌に自分の身を売って急場をしのぎたいと駆け込む。返済期限を過ぎるとお久に客をとらせると…

詳細を見る

古今亭志ん生 (五代目)  文七元結

志ん生

↑クリックすると購入できます! 文七元結(ぶんしちもっとい) ●本所達磨横町の左官の長兵衛は腕はいいが、博打にこり家は貧乏だ。娘のお久が吉原の佐野槌に自分の身を売って急場をしのぎたいと駆け込む。返済期限を過ぎるとお久に客をとらせると…

詳細を見る

柳家小三治 (十代目)  文七元結

こさんじ

↑クリックすると購入できます! 文七元結(ぶんしちもっとい) ●左官の長兵衛は、腕は立つのだが、無類のばくち好きが高じて、仕事もせずに借金を抱えている。年の瀬も押し迫るある日、前夜の負けがこんで、身ぐるみ剥がれて半纏一枚で賭場から帰…

詳細を見る

柳家喬太郎  文七元結

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! ※「文七元結」は収録されていません。 文七元結(ぶんしちもっとい) ●本所達磨横町の左官の長兵衛は腕はいいが、博打にこり家は貧乏だ。娘のお久が吉原の佐野槌に自分の身を売って急場をしのぎたいと駆け込む…

詳細を見る

立川談志  文七元結

談志

↑クリックすると購入できます! 文七元結(ぶんしちもっとい) ●本所達磨横町の左官の長兵衛は腕はいいが、博打にこり家は貧乏だ。 娘のお久が吉原の佐野槌に自分の身を売って急場をしのぎたいと駆け込む。 返済期限を過ぎるとお久に客をと…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 文七元結

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 文七元結(ぶんしちもっとい) ●本所達磨横町の左官の長兵衛は腕はいいが、博打にこり家は貧乏だ。娘のお久が吉原の佐野槌に自分の身を売って急場をしのぎたいと駆け込む。返済期限を過ぎるとお久に客をとらせると…

詳細を見る

柳家権太楼  文七元結

ごんたろう

文七元結(ぶんしちもっとい) ●本所達磨横町の左官の長兵衛は腕はいいが、博打にこり家は貧乏だ。娘のお久が吉原の佐野槌に自分の身を売って急場をしのぎたいと駆け込む。返済期限を過ぎるとお久に客をとらせるという条件で、長兵衛に五十両渡す。長兵…

詳細を見る

林家彦六  文七元結

文七元結(ぶんしちもっとい) ●本所達磨横町の左官の長兵衛は腕はいいが、博打にこり家は貧乏だ。 娘のお久が吉原の佐野槌に自分の身を売って急場をしのぎたいと駆け込む。 返済期限を過ぎるとお久に客をとらせるという条件で、長兵衛に五十両渡す。 …

詳細を見る

三遊亭圓楽(五代目)  文七元結

えんらく

文七元結(ぶんしちもっとい) ●左官の長兵衛は、腕は立つのだが、無類のばくち好きが高じて、仕事もせずに借金を抱えている。年の瀬も押し迫るある日、前夜の負けがこんで、身ぐるみ剥がれて半纏一枚で賭場から帰されると、女房のお兼が泣いている。聞く…

詳細を見る

三遊亭圓生 (六代目)  文七元結

えんしょう

文七元結(ぶんしちもっとい) ●左官の長兵衛は、腕は立つのだが、無類のばくち好きが高じて、仕事もせずに借金を抱えている。年の瀬も押し迫るある日、前夜の負けがこんで、身ぐるみ剥がれて半纏一枚で賭場から帰されると、女房のお兼が泣いている。聞く…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon