トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 ほ 包丁

立川談春  包丁

だんしゅん

包丁(ほうちょう) ●居候になっていた先の亭主がぽっくり死んで、うまく後釜に納まった常。 前の亭主が相当の小金をため込んでいたので、それ以来、五円や十円の小遣いには不自由せず、着物までそっくりちょうだいして羽振りよくやっていたが、いざ金…

詳細を見る

三遊亭圓生(六代目)  包丁

えんしょう

包丁(ほうちょう) ●久治と呼ばれる兄貴に呼ばれた、弟分の寅んべーは風采が上がらない。兄貴は清元の師匠をしている”おあき”さんに面倒をみてもらっている。鰻をご馳走してもらって、ノロケを聞くと、儲けさすという。 兄貴は清元の師匠も良いが、…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon