トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 ゆ 夢金

金原亭馬生(十代目)  夢金

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 夢金(ゆめきん) ●冬の寒い日のことです。曰くありげな浪人と、いいところのお嬢様が、品川まで行ってくれと船に乗り込んできました。しばらく行くと、浪人が船頭に耳打ちします。 「あの女は、呉服問屋の娘で…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  夢金

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 夢金(ゆめきん) ●雪がしんしんと降る夜、侍と妹と名乗る二人連れが船宿で屋根舟を頼んだ。付いた船頭は強欲の熊五郎。船も進み妹が寝入った頃に侍が熊五郎に持ちかけた話とは。 この娘は、とある商家の娘で奉…

詳細を見る

柳家三三  夢金

※「夢金」は収録されていません。 夢金(ゆめきん) ●冬の寒い日のことです。曰くありげな浪人と、いいところのお嬢様が、品川まで行ってくれと船に乗り込んできました。しばらく行くと、浪人が船頭に耳打ちします。 「あの女は、呉服問屋の娘で、…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon