トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 ゆ 湯屋番

柳家小さん(五代目)  湯屋番

こさん

↑クリックすると購入できます! 湯屋番(ゆやばん) 家を勘当された若旦那が、出入りの職人の熊五郎の家に居候になったが一考 働く気が起きないので、隣町の銭湯に就職するように、すすめ、若旦那も、先方が銭湯と聞いて、喜んで出かけた。 若…

詳細を見る

柳家小三治 (十代目)  湯屋番

こさんじ

↑クリックすると購入できます! 湯屋番(ゆやばん) ●家を勘当された若旦那が、出入りの職人の熊五郎の家に居候になったが一考 働く気が起きないので、隣町の銭湯に就職するように、すすめ、若旦那も、先方が銭湯と聞いて、喜んで出かけた。 …

詳細を見る

古今亭菊之丞 湯屋番

きくのじょう

湯屋番(ゆやばん) ●道楽が過ぎて勘当になった若旦那が出入りの職人の家で居候をしている。そこのおかみさんは働きもせず、ぐうたら三昧の若旦那が面白くないので冷たくしている。そんなある日、亭主が職を世話してくれた。それはなんとお風呂屋さんへ…

詳細を見る

桂三木助(四代目) 湯屋番

湯屋番(ゆやばん) ●道楽が過ぎて勘当になった若旦那が出入りの職人の家で居候をしている。そこのおかみさんは働きもせず、ぐうたら三昧の若旦那が面白くないので冷たくしている。そんなある日、亭主が職を世話してくれた。それはなんとお風呂屋さんへ…

詳細を見る

柳家三三 湯屋番

湯屋番(ゆやばん) ●道楽が過ぎて勘当になった若旦那が出入りの職人の家で居候をしている。そこのおかみさんは働きもせず、ぐうたら三昧の若旦那が面白くないので冷たくしている。そんなある日、亭主が職を世話してくれた。それはなんとお風呂屋さんへ…

詳細を見る

三遊亭金馬(三代目) 湯屋番

きんば

湯屋番(ゆやばん) ●道楽が過ぎて勘当になった若旦那が出入りの職人の家で居候をしている。そこのおかみさんは働きもせず、ぐうたら三昧の若旦那が面白くないので冷たくしている。そんなある日、亭主が職を世話してくれた。それはなんとお風呂屋さんへ…

詳細を見る

林家三平(初代) 湯屋番

湯屋番(ゆやばん) ●道楽が過ぎて家を勘当された若旦那は、出入りの職人である熊五郎の家に居候中。しかし、まったく働く気が起きない。そこで熊五郎が「ゴロゴロしていてもしかたないから隣町の銭湯に奉公してみてはどうか」と提案する。若旦那は、女…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon