トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 ろ ろくろ首

柳家小さん(五代目)  ろくろ首

こさん

↑クリックすると購入できます! ろくろ首(ろくろくび) ●与太郎が二十六歳になり、嫁が欲しいと相談を受けた叔父さんは、お屋敷のお嬢さんを紹介する。このお嬢さんは昼は別嬪さんだが、夜になると首が伸びて、隣の部屋の行灯の油をぺろぺろと舐…

詳細を見る

柳家小三治 (十代目)  ろくろ首

こさんじ

↑クリックすると購入できます! ろくろ首(ろくろくび) ●与太郎が二十六歳になり、嫁が欲しいと相談を受けた叔父さんは、お屋敷のお嬢さんを紹介する。このお嬢さんは昼は別嬪さんだが、夜になると首が伸びて、隣の部屋の行灯の油をぺろぺろと舐…

詳細を見る

立川談志  ろくろっ首

談志

↑クリックすると購入できます! ろくろっ首(ろくろっくび) ●与太郎が二十六歳になり、嫁が欲しいと相談を受けた叔父さんは、お屋敷のお嬢さんを紹介する。このお嬢さんは昼は別嬪さんだが、夜になると首が伸びて、隣の部屋の行灯の油をぺろぺろ…

詳細を見る

立川志の輔  ろくろ首

志の輔

※「ろくろ首」は収録されていません。 ろくろ首(ろくろくび) ●与太郎が二十六歳になり、嫁が欲しいと相談を受けた叔父さんは、お屋敷のお嬢さんを紹介する。このお嬢さんは昼は別嬪さんだが、夜になると首が伸びて、隣の部屋の行灯の油をぺ…

詳細を見る

柳家三三  ろくろ首

ろくろ首(ろくろくび) ●与太郎が二十六歳になり、嫁が欲しいと相談を受けた叔父さんは、お屋敷のお嬢さんを紹介する。このお嬢さんは昼は別嬪さんだが、夜になると首が伸びて、隣の部屋の行灯の油をぺろぺろと舐める、ろくろっ首だったのだ。おいら夜…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon